大豆

長寿国の秘訣は大豆にあるとも言われています

日本は世界に誇る長寿の国として知られています。
そしてその要因として、栄養バランスの素晴らしい日本食に注目が集まっているのです。
世界では今日本食がブームといっても良いくらい人気です。
世界各国に日本食のレストランができています。

日本食はとても栄養のバランスが良いのですが、そこで注目されているのが実は大豆の存在なんです。
大豆は「畑の肉」とも言われ、タンパク質が豊富に含まれています。
しかも吸収率も非常に高くとても効率よくタンパク質を摂取できる食材なんです。
そんな大豆を日本では古くから積極的に食事に取り入れてきました。
大豆そのままで食べることもあれば、豆腐や納豆などの加工品にすることありますし、みそやしょうゆなど調味料としても利用しています。

そのように身近に摂取してきた大豆ですが、そのタンパク質の中には必須アミノ酸が非常にバランス良く含まれているということや、
血中コレステロールを下げる役目をしていることなどが分かってきています。
その他にも、大豆に含まれているイソフラボンが最近では特に注目されていて、これは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするということが分かっています。
美容の維持にも役立ちますし、健康的な生活を送るためにも欠かせません。
骨粗しょう症との関係も分かってきていますし、がんの予防にも役立つということが分かってきています。

大豆は古くから私たち日本人の健康的な生活をサポートしてくれていますが、最近では新たな視点からその働きが見直されてきているということかもしれませんね。
その証拠に美容の分野などでもイソフラボンの働きには注目が集まっていて、女性の間では豆乳を使った商品がはやったりもしています。
大豆はどのような食材とも馴染みやすく、アレンジもしやすい食材です。
例えば茹でた大豆をつぶしてひき肉と混ぜてハンバーグにするといったこともできます。
このようにアレンジ次第で色々と幅が広がる食材ですから、これからも毎日の食事に積極的に取り入れていきたいですね。

Menu