大豆

昔から日本で食されてきた伝統食材の大豆

大豆は日本では古くから親しまれている伝統の食材です。
大豆そのものを使った料理もあれば、粉にひいてきなこにしたりもしていますし、加工して豆腐にしたり、発酵させて納豆にしたりもしています。
また、日常的に欠かせない調味料である味噌やしょうゆも大豆から作られていますよね。
こう考えると、日本人の私たちの身の回りには大豆の食品がたくさんありますし、逆に言えば大豆食品がなければ日本の食は成り立たないとさえ言えそうです。

大豆食品は昔から頻繁に食卓で利用されていたことが分かっていて、食文化が充実し出した江戸時代には、豆腐料理の料理本「豆腐百珍」の出版もされています。
このくらい大豆と大豆製品は日本の食文化に深く根ざしているということなんですね。
そんな大豆は最近では健康食材としても非常に注目されています。
高たんぱく低カロリーで栄養も豊富とあって、様々な健康効果も分かってきているんです。

中でも注目を浴びているのがイソフラボンの存在です。
大豆の中にはイソフラボンという成分が非常に豊富に含まれていて、これが女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きを体内でしてくれるというのです。
ですから、イソフラボンの豊富な大豆製品を日々食べていると、女性らしいやわらかな体型になれますし、肌ツヤも良くなっていくというんです。
もちろん女性ホルモンの乱れによる様々な不調に対しても有効と考えられていて、しかも薬などとは違って副作用も無いので安心してとりいれられるのも魅力です。
古くから親しまれているということで、レシピも無限大に広がりますから、毎日食べても飽きがくるということがありませんし、
豆腐や納豆など安価で手に入るというのも嬉しいですよね。

また、最近ではより手軽に効率よく摂取できるようにということで、イソフラボンのサプリなんかも登場しているようですね。
こちらの場合も薬ではありませんが、多くとれば良いというわけでもなく、目安量を守って取り入れることが推奨されています。

Menu