大豆

大豆の胚芽部分に多く含まれます

イソフラボンは近年美容や健康の観点から非常に注目されている成分です。
特に大豆製品に多く含まれている成分ということもあり、常日頃から大豆製品を食べる習慣のある私たち日本人にとっては、とても取り入れやすいものともいえます。

そんなイソフラボンは、大豆の中でも特に胚芽部分にぎゅっと集まって含まれています。
胚芽というのは芽が出る部分のことで、大豆をよく観察してみると小さくぴょこっと出ている部分があると思いますが、そこのことを指します。
これから芽が出て成長していく大切な部分ということで、胚芽部分にはイソフラボンはもちろんのこと、タンパク質なども非常に豊富に含まれています。
ですから、大豆一粒の中でも最も栄養が豊富なところと言えるわけです。

イソフラボンをとるためには大豆を積極的に取り入れていくことが大切になってくるわけですが、丸ままの大豆をそのまま食べていたのでは
なかなかイソフラボンをたくさんとるというのは難しいかもしれません。
というのも、先にのべている通り、イソフラボンは胚芽の部分に集中しているからです。
胚芽は大豆一粒の中でもごく一部。普通に大豆を食べたり豆乳を飲んだりしているだけでは、効率よくイソフラボンをとるというところまではなかなかいかないのが現実です。
しかし最近では大豆胚芽の部分を利用したサプリメントが販売されているようです。

大豆胚芽に含まれているイソフラボンを粒状にしたものや、大豆胚芽の部分のみをきなこにしたもの、発酵した大豆の胚芽部分から抽出したものをサプリにしているものなんかもあります。また、サプリの形ではなく食事で自然にとりたいという方向けには、ご飯と一緒に炊くことができる大豆胚芽なんかもありました。
大豆丸ままで食べようとするとそれだけでお腹いっぱいになってしまいそうですが、大豆胚芽の部分だけならそんなことなく他のものと一緒においしく食べられそうです。
栄養バランスのことを考えると、こうしたサプリなんかも上手に取り入れていきたいですね。

Menu